カーナビ専門店コンタクト
2006年5月2日

新型ストラーダポケット出荷開始!

店長日記写真
(CONTACT上原 2010年5月4日の店長日記より抜粋)

店長日記はこちらからご覧下さい

 
FIAT 500用2DINキット


販売価格:60,900円(税込価格)
詳細はこちら

FIAT 500用の2DINキットが発売となりました。
FIAT 500は純正オーディオ部が1DINサイズしかないため、エアコン吹き出し口を左右へオフセットすることで2DIN化を実現しました!
パネルカラーはベージュとブラックをご用意しております。
カーナビを設置する場合には、別途CANバスアダプターが必要となります。

※本キットを使用して2DIN取り付けをおこなった場合には、元へ戻すことが出来ませんのでご注意下さいませ。

BMW X6
BMW X6

X6には、純正ナビが設置されています。
今回は純正モニターへバックカメラの映像を出力させるため、映像割り込みユニット(AV-BM56)を使用して、BMW専用バックカメラを設置しました。
BMW専用バックカメラはバックドアのトリガー部を付け替えるタイプですので、すっきりとしたお取り付けが可能です。

詳細はこちら

 
お見積もり
BMW専用バックカメラ 31,500円
AV-BM56 79,800円
取り付け基本工賃 18,375円
バックカメラ設置工賃 10,500円
 
合計(税込) 140,175円
 

アルパイン新モデル発表

カーナビに限らず、常に最先端が求められるAV業界では、商品のモデルチェンジが目まぐるしく、パソコンなんかは相変わらず3ヶ月に一度のモデルチェンジがあり、そのたびにどんどん新しい機能が追加されている様です。ちなみにカーナビのモデルチェンジサイクルは、だいたい1年に1回行われます。ハイエンドモデルと普及モデルの発売時期をずらす事で、夏前に1回、冬前に1回の新製品発表があるというのが通例です。で、今年もまもなく各メーカーの新モデルが発表されるのですが、一番先に発表されたアルパインのHDDナビをご紹介いたしますね。

今回発表されたVIE-X08Sという商品は、前モデルがX08プレミアムと呼ばれていたVIE-X08のマイナーチェンジとなります。マイナーチェンジなので商品の筐体や主立った機能には変更はありませんが、実はこのX08プレミアムは、2009年夏の発売以来大変な人気を集めまして、ほぼ1年を通して品薄状態でした。特に人気の高かった後席用フリップダウンモニター(シルバータイプ)とのセットモデルだったVIE-X08RV-VGは、常に1ヶ月待ちといった状態が続きました。2010年4月には、新モデルの販売開始までまだ1ヶ月もあるというのに、すでに工場生産分は完売し、新モデルまでは全く手に入らない状態となっています。なぜそれほどまで人気が集中したか、改めて振り返ってみようと思います。

アルパインはDVDナビ全盛期に、より早く目的地へ到達することができる事をアピールした時短ナビで、市場から大変高い評価を受けていました。しかしその後、カーナビがHDDモデルへ移行しつつあった時期に、諸事情でしっかりと評価される製品を作れずに、一般消費者からは見放されてしまっていた時期がありました。実はX08の前身であるX07シリーズが発売された当初も、まるでミニバンユーザーだけにターゲットを絞った様なマーケティング戦略に、ハイエンドでかっこいいアルパイン製品を期待していたため、がっかりした気持ちになったことを覚えています。しかしアルパインでは、そういったマーケティング戦略だけではなく、一方でしっかりと良い製品を作り上げることを忘れていませんでした。その努力が実を結んだのがX08プレミアムだったのです。

カーナビは目的地まで正確に案内するというのがもっとも重要な機能であることは言うまでもないことなのですが、その基本性能は年々各メーカーではかなりの磨きをかけてきた事で、正直ほとんど差がないところまで到達してきました。そんな中、X08プレミアムは、カーオーディオとしての性能にも妥協をせずに、ちゃんとオーディオ性能へもコストをかけた結果、カーオーディオ専門誌「オートサウンド」の2009年オートサウンドグランプリを受賞されたそうです。これは2DIN一体型ナビゲーションではオートサウンド誌史上初の快挙だそうです。

少し話がそれますが、カーオーディオは1DINと2DINでは1DINの方が音が良いという、常識というか規定概念があります。これは、2DINユニットの場合、CDやMDなど、いろいろな機能をすべて1枚の基板でコントロールしているため、微妙なノイズが発生してしまったり、その他にも音質に悪影響があったりと、オーディオとしては不利な条件が揃っているためでした。X08プレミアムも2DINユニットとなり、さらにはカーオーディオ専用機と違って、CD・MD・ラジオチューナーに加えて、DVD・地デジテレビなどの機能もすべて備わっているので、当然シンプルな1DINオーディオと比べると、相当に不利な条件が揃っています。そこでアルパインはその音質をもう一度見直し、プラットホームを新開発することで、ノイズを低減し、低音域までしっかりと再生できるメインユニットに仕上げることに成功したそうです。

また、画質についても高詳細・高輝度LED液晶を採用することで、日中の明るい車内でもしっかりと映像が見られるようにチューニングされています。この高画質液晶は、地デジ時代に入ったことで、しっかりと他メーカーとの差を広げつつあるようです。もし大手量販店で比較してご覧いただけるチャンスがありましたら、是非アルパインの高画質映像を見てみてください。

カーナビとしては、ゼンリンの正確な地図を採用していることや、的確なルート案内など、かなり隙のない仕上がりです。個人的にX08を使用していますが、カーナビ性能に不満を感じることはありません。当たり前に使える事が、カーナビとしては一番大切なポイントですよね。

いずれも車のセンターユニットとして必要な機能であり、なるべく高い性能であって欲しい部分ですから、どのメーカーもちゃんとがんばらなければならない事はわかっているポイントですが、新機能や新サービスの陰になり、意外と見落とされてきた部分だったのかも知れません。新モデルのX08Sは、ソフトウェアの使いやすさにもさらに磨きをかけているようですから、今年も人気になることは間違いなさそうです。また、アルパインでは6月にもさらにラインナップを追加すると聞いております。今までに無い、画期的な商品だと聞いておりますから、こちらも楽しみですね!ご予約はお早めに!

アルパインVIE-X08Sニュースリリース

http://www.alpine.co.jp/whatsnew/2010/0422_01.html


 
 

編集後記


4月は寒暖の差が激しくなかなか春を感じられない日が多かったですね。さすがに5月は暖かい日が続いてくれるかと思っています。ゴールデンウィークでお休みの方も沢山いらっしゃるかと思いますが、渋滞情報をチェックしながら楽しい休暇をお過ごし下さい(^^)
(CONTACT山本)

 
発行:株式会社コンタクト

〒651-0096
神戸市中央区雲井通7-1-1 ミント神戸14F
mail : sales@contact.jp
TEL:078-230-8925 FAX:078-230-8929

■カーナビ専門店コンタクト
http://www.contact.jp/

■取り付けキット・周辺パーツ専門別館
http://www.contactnavi.net/

■お問い合わせ
下記フォームまたはお電話にてお願い致します。
お問い合わせフォーム:http://www.contact.jp/info.php
TEL:078-230-8925

Copyright (C) CONTACT All rights Reserved.