カーナビ専門店コンタクト
2008年3月4日

沖縄ドライブ

店長日記写真

そろそろ暖かくなる季節になってきましたね。
春になるとドライブがとっても気持ちいい感じがします(^^)

沖縄にあるセレブレンタカーでは、輸入車ばかりのレンタルをしているそうでハマーH2などもあるようですよ。

いろいろな車に乗ってみるのも楽しそうですね。

(CONTACT山本 2008年2月23日の店長日記より抜粋)

店長日記はこちらからご覧下さい

 
HUMMER H2用2DINキット(2008)
販売価格:42,000円(税込価格)
詳細はこちら

対応年式:2008年式

2008年式ハマーH2対応の2DINキットが発売となりました。
セキュリティ付きのお車の純正デッキ取り外しが可能です。
デジタルアンプ対応なので、既存のアンプシステムをそのままご利用頂けます。
また、車速信号・アクセサリー電源・バック信号などの各種信号の取得もキット内のモジュールから取得できるので、大変便利です。

マツダ ロードスター
マツダ ロードスター

ロードスターは、これから暖かくなってくるとオープンで軽快に走ってくれそうなお車ですね。
純正パーツにて2DINタイプまでのナビが設置可能です。
もちろんBOSEシステムはそのままご利用頂けます。オーディオパイロットも配線を工夫することで使用可能ですよ!
今回はNCEC型にイクリプスAVN076HDを設置しました。

詳細はこちら

 
お見積もり
AVN076HD 193,200円
マツダ車用ハーネス 1,890円
レベルアダプター 5,250円
取り付けサービス 26,250円
 
合計(税込) 226,590円 
※上記お見積もりに、別途純正パーツが必要となります。

プレミアムサウンドシステム

車を買うときに、メーカーの純正オプションで「プレミアムサウンドシステム」や「HI-FIスピーカーシステム」「BOSEサウンドシステム」といったハイグレードのオーディオオプションを耳にした事がある人はたくさんいるかと思います。価格も標準グレードのオーディオシステムと比べると、おおよそ20万円から30万円程度のアップになる高級システムなのですが、これは文字通り、上級グレードのオーディオシステムを指します。

20〜30万円というと冷静に考えると結構な金額ですが、新車購入時だとついつい車の価格に紛れて、ハイグレードのオーディオオプションを選択される方も少なく無いかと思います。

上級グレードのオーディオシステムはどこにお金がかかっているかと言うと、アンプとスピーカーになります。特にメーカーラインで装着されるオーディオオプションでは、10スピーカーシステムや14スピーカーシステムといった具合に、スピーカーにコストをかける傾向があるようです。スピーカー個数を増やす事に意味が無いわけでは無いですが、スピーカー個数が多いと、その個数がよりグレードの高いシステムの様に感じるので、こういった手法が取られているのではないかと思います。

スピーカーについて
まず、音環境の基本はステレオ音声です。
従って、2ch分のフロントスピーカー(ドアスピーカー左右とトゥイーター左右)が重要となります。ドアスピーカーとトゥイーターが分かれているのは、それぞれ得意な音域が異なるからです。ドアスピーカーは低音から中音域担当し、トゥイーターは中音から高音域を担当します。高い音はスピーカー位置が低いと籠もりがちになるので、できるだけ高い位置にあることが望ましいです。続いてサブウーファーが低音を支えます。
ここまでで、通常の音楽CDを気持ちよく聴く環境は整います。
その上で5.1chシステムなどを構築する場合は、リアのサテライトスピーカー左右とセンタースピーカーを設置します。リアスピーカーはドアスピーカーよりは天井左右に取り付けるサテライトスピーカーが理想です。これによって5.1chのリアルな臨場感あるサウンドを感じる事ができます。
以上の合計8個のスピーカーがちゃんとしていれば、ワンランク上のオーディオ環境が作れます。
DD Linear磁気回路
いかなるパワー、帯域であっても、入力信号に対してその振幅量がきわめてリニアに変化。振幅の大きい低域において、ハイパワーサウンドを再生しても歪まない卓越の磁気回路です。


アンプについて
車載オーディオのアンプは、ほとんどの場合ヘッドユニットに内蔵されている内蔵アンプを使用するのですが、高級オーディオシステムでは、大容量アンプを別置きします。大容量アンプはそのまま大きな音を鳴らす事ができるという意味なのですが、大容量アンプを付けている人が誰しもカーオーディオを爆音で聴いている訳ではありません。大容量アンプの良さは、なかなか言葉では伝えにくいのですが、たとえば家庭用カセットレコーダーの様な容量の小さいアンプで、無理に大きな音を鳴らそうとすると、耳障りなノイズが乗ってしまう事は想像できるかと思います。容量の小さいアンプが10の音を鳴らすのに10の力が必要だったとすると、その2倍の容量があるアンプは、10の音を鳴らすのに5の力で鳴らす事ができるので、その分ノイズも少なくなるという事になります。
また、別置きのアンプとすることで、オーディオユニット内の電気ノイズによる影響を受けずにすみます。
従って高級オーディオシステムには別置きアンプが不可欠なのです。
高精度マルチフィードバック回路
パワーアンプの鍵を握る増幅回路と電源回路。「DIGITAL AMP」は、上質な音を実現するための新しいテクノロジーとして独自のノウハウを活かし、マルチフィードバック技術を取り入れたデジタルアンプ回路を採 用。高精度・高効率、安定したハイパワーを実現する最新回路に、さらに強力な電源部や高剛性アルミボディなど、アルパインの最高のパワーアンプ技術を惜し みなく投入しました。ハイパワーアンプに不可欠のヒートシンクも極小化し、クールなハイパワーを達成。さらにクラスD方式では難しいとされていたフルレン ジ再生も余裕をもって可能とし、またスピーカー・インピーダンス変動の影響を受けにくい安定した駆動を実現するなど、アルパインの音創りのノウハウが結集 したまさに新次元のパワーアンプです。


プリアンプについて
カーオーディオの場合、プリアンプはヘッドユニットがその役割を果たします。純正のヘッドユニットでも、スピーカー出力のレベルを調整する事で、プリアンプとして使用する事が可能ですが、理想はプリアウト端子が備わった市販のヘッドユニットに付け替える方が、よりクリアーな音で楽しめますね。最近は5.1chデコーダー機能を備えたカーナビヘッドユニットも増えてきたので、これと組み合わせる事で、ワンランク上の5.1chサウンドシステムを構築する事ができます。
カーナビとしての性能はもちろんのこと、オーディオヘッドユニットとしても、高音質・高性能な逸品です。
「5.1ch イージーセットアップ」機能を使えば、あなたの車に最適な5.1chシアターサラウンドを簡単に設定することができます。操作は、車種やハンドル位置、搭 載スピーカーなどの8項目をタッチパネルで選ぶだけ。シート素材までも考慮した本格的なサウンドセッティングを実現し、いつもの車室内が大迫力の高音質エ ンターテイメント空間へと生まれ変わります。

この様に市販のカーオーディオには、優れたスピーカー・アンプ・ヘッドユニットが存在しているのですが、残念ながらここまでをトータルでチョイスされるお客様は少ないのが実情です。市販アンプシステムが純正と比べて高価だから?音にこだわるお客様が少ないから?いえいえ、そんな事はありません。市販アンプシステムは純正と比べても特別高価という事はありませんし、性能も優秀です。それに、良い音でカーステレオを鳴らしたいと考えるお客様も少なくはありません。ではなぜこれらのアンプシステムを採用されるお客様が少ないのでしょうか。

それはおそらくどの商品をチョイスすれば良いのかがわかりにくいからではないでしょうか。

確かに市販のアンプやスピーカーは、なぜこれほどまでに種類があるのかと思いたくなるくらい、たくさんの種類が発売されています。細かい特長を上げればもちろんこれらの商品にはそれぞれ違いがあるのですが、ある水準を超えた商品は、その音のリアリティや迫力は、一度体験したら手放せない程の気持ちよさをあなたに与えてくれます。

そこで当店では、特に商品選択がわかりにくい、アンプ・スピーカーシステムをハイクオリティサウンドシステムとしてパッケージ化致しました。国内メーカーでは人気・評価共に高いアルパインとパイオニアからチョイスしています。デッドニング作業や、取り付け作業工賃もパッケージに含めているので、これだけで十分なサウンド環境を手に入れて頂ける内容となっています。

今お使いのヘッドユニットに組み併せるのも良いですし、アルパインやパイオニアの5.1chメインユニットと組み合わせて、高級カーシアターシステムをお楽しみ頂くのも良いですね。
是非、至極のサウンドをお試し下さい。


 
 

編集後記

2月は神戸も例年よりたくさん雪が降りました。久々に雪が積もると車の運転も恐る恐るになってしまいました。毎年雪が積もる地域の方は本当に大変ですね・・・。これからはだんだんと暖かくなってきますので、安全運転でドライブを楽しみたいです(^^)
(CONTACT 山本)

 
発行:株式会社コンタクト

〒651-0096
神戸市中央区雲井通7-1-1 ミント神戸14F
mail : sales@contact.jp
TEL:078-230-8925 FAX:078-230-8929

■カーナビ専門店コンタクト
http://www.contact.jp/

■取り付けキット・周辺パーツ専門別館
http://www.contactnavi.net/

■お問い合わせ
下記フォームまたはお電話にてお願い致します。
お問い合わせフォーム:http://www.contact.jp/info.php
TEL:078-230-8925

Copyright (C) CONTACT All rights Reserved.